スポンサーサイト

  • 2011.04.19 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


タバコ

タバコが手に入りません。

愛飲しているセブンスターが手に入りません。

日替わりで銘柄ジプシーをする生活も最初は楽しんでいたのですが、
最近はストレス以外の何ものでもありません。

私自身も何ものでもありませんが。


自動販売機も輪番停電するとかしないとか。
やはり有事の事態である昨今は、クレジットカードではなくある程度の現金を持っておく必要があるのかな?いやないのかな?とか考えていました。

とりあえずクレジット現金化で現金を確保します。

あっというまに師走

 あっというまに師走。もう12月か。

何かと出費がかさむこの季節、ボーナスのカットなど他人ごとでは無い話をよく耳にします。

特に打撃が大きいのが自営業の方。

詳しく話を聞いてみるとショッピング枠現金化という方法で資金繰りをまかなっている方が多いらしい。

方法も簡単でインターネットからクレジットカード現金化ランキングなどで検索をしキャッシュバック率の高い会社を選び申し込みをするだけ
クレジットカードに余裕がないと大した資金繰りにならない可能性もあるが主婦キャッシングという方法もあるので検討してみてはどうだろうか?


与野党国対委員長会談、会期延長は決着先送り (産経新聞)

 与野党の国対委員長は11日午前、国会内で会談し、菅首相の所信表明演説に対する各党の代表質問を14、15の両日に行うことで合意した。

 民主党の樽床伸二国対委員長が10日夜に提示した16、17両日に衆参の予算委員会を行う案については、野党側が「衆参で3日ずつ行うべきだ」と再考を要求。14日午前に再度、与野党国対委員長会談を開き協議することとなった。

 このため、会期延長問題の正式決着は週明けに先送りされたが、樽床氏は会談後、記者団に「わが党の方針は変わらない」と述べており、延長幅は1日となる見通し。

 同じく樽床氏が提示していた予算委員会を開かず16日に党首討論を行う案は、野党側が拒否。自民党の川崎二郎国対委員長は「予算委員会を3日ずつ行った後、党首討論を開くべきだ」と主張した。

【関連記事】
国会会期延長 折り合い付かず
国会会期延長問題 仙谷、亀井会談は不発 国対委員長会談も平行線
与党、11日の首相の所信表明演説を提案
稚拙な与党、動けぬ野党 国会会期延長めぐりにらみ合い
樽床国対委員長、会期延長「参院の意見を最大限尊重」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
南アW杯 ヨハネスブルクで祝祭沸騰(産経新聞)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
歯科治療中に2歳女児死亡=脱脂綿のどに詰まらせる―埼玉(時事通信)
火災 住宅全焼、焼け跡から2遺体 高校生の姉妹か 千葉(毎日新聞)

前原国交相「考えは官邸に伝えた」 辻元氏の後任副大臣 (産経新聞)

 辻元清美国土交通副大臣の辞任を受け、前原誠司国交相は31日午後、後任人事について「(具体的な人物名について)私の考えは官邸に伝えてある。官邸と相談しながら決めたい」と記者団に語った。

 前原国交相は辻元副大臣に対し、「8カ月間、国土交通行政のパラダイムシフトに一緒に取り組んできて、多大なご功績をいただいた」と労をねぎらった上で、「(辞表届を)受け取りたくなかった」と漏らした。

【関連記事】
支持率続落19%、初の2割割れ 政党支持率も自民と並ぶ
社民離脱「首相の結果責任ある」官房長官
辻元国交副大臣が辞表提出 「社民党にも責任」
「2つのオウンゴールが響いた」 野田財務副大臣が普天間問題で首相の指導力に疑問符
社民・福島氏 内閣不信任案に同調も「反対はなかなか難しい」

ベトナム医療団 第1陣4人、ハノイ到着(産経新聞)
足立の路上遺体 傷害致死容疑で男を逮捕(産経新聞)
頭越し決定に「暴挙」=名護市民、反対と怒り―普天間移設日米共同文書(時事通信)
<アムールトラ>障害抱える「ココア」満2歳の誕生日 釧路(毎日新聞)
普天間問題、社民反発に首相「連立維持される」(産経新聞)

貨物船 宮崎県日向市の沖合で座礁 3人死亡1人不明(毎日新聞)

 23日午前2時50分ごろ、宮崎県日向市の細島商業港の沖合約2キロを航行していた熊本県上天草市の貨物船「第8勝丸」(376トン、4人乗り)から「岩場に乗り上げ浸水している」と第10管区海上保安本部に連絡があった。捜索していた日向海上保安署などが付近の岩場などで3人を見つけたが、いずれも死亡が確認された。また、吉永康秀船長(61)=上天草市松島町=が行方不明になっている。

 死亡したのは▽1等航海士、石橋忠義さん(67)=北九州市八幡西区友田▽2等航海士、水本秀広さん(56)=上天草市松島町▽機関長、松田俊一さん(59)=同市大矢野町。死因はいずれも水死。

 宮崎海上保安部によると、第8勝丸から午前3時半前に「ボートで脱出する」と通報があった。海保などが岩場に乗り上げている同船付近を捜索したところ、石橋さんは同船近くで、水本さんと松田さんは約400メートル離れた浅瀬のボートの近くで、それぞれ午前6時前後に見つかった。

 第8勝丸は鹿児島県姶良市の加治木港から大分市の大分港に向かい、肥料を積み込む予定だった。海保は、空船で重心が高く不安定だったため、高波を避けるため細島商業港に入港しようとしていたとみている。

 宮崎地方気象台によると、日向市沿岸海域には当時、強風と波浪の両注意報が出ており、3メートル前後の波があったとみられる。【古田健治】

【関連ニュース】
貨物船座礁:3人死亡1人不明 宮崎・日向沖
漁船転覆:1人救出、1人不明 大分
漁船転覆:2人が不明に 大分県中津市沖で
海難事故:漁船が転覆…1人不明 金沢沖
海難事故:貨物船同士が衝突…1隻が転覆 周防灘

政府、新規採用公務員4割減を決定(産経新聞)
口蹄疫 スーパー種牛を殺処分 全国ブランドに衝撃(毎日新聞)
弁護士法違反容疑で元裁判所職員逮捕 大阪地検特捜部(産経新聞)
高槻市の死体遺棄、女性の養父が舞鶴で自殺(読売新聞)
<愛知・嘱託殺人>68歳男に懲役6年 地裁岡崎支部判決(毎日新聞)

「マネとモダン・パリ」展10万人突破(読売新聞)

 東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「マネとモダン・パリ」展(読売新聞社など主催)の入場者が15日、10万人を突破した。

 10万人目となった川崎市の赤荻里奈さん(12)には、カタログなどの記念品が高橋明也館長から贈られた。

 同展はオルセー美術館をはじめ国内外から集めたマネの名作81点を中心に、マネ芸術の全貌(ぜんぼう)を紹介している。同館は原則月曜休館。同展は7月25日まで。

 問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)。

取調室の机に覚せい剤隠す=10カ月後に発見、男を逮捕−兵庫県警(時事通信)
全裸状態で横浜の川に浮かんでいた女性遺体、殺人と断定/神奈川県警(カナロコ)
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相(時事通信)
JAL副操縦士、免許忘れ乗務(産経新聞)
普天間問題 首相責任論に予防線 参院選ダメージ回避へ…民主結束フォロー(産経新聞)

休暇分散化実証事業スタート=市内小中学校など休みに−三重県亀山市(時事通信)

 観光庁が進める休暇分散化のための実証事業第1号として、三重県亀山市は30日、市内のすべての小中学校と幼稚園(対象児童・生徒計4700人)を休みにした。これにより、29日から5月5日まで7連休が実現、保護者にも休暇を取得してもらい、観光旅行や親子の触れ合いに役立ててもらう。 

<ゼブラーマン>全国一斉公開…ゼブラシティの逆襲(毎日新聞)
インスリン投与事件 看護師たちのストレス(産経新聞)
元LOFT社長 安森健氏に聞く「なぜ、今雑貨ブーム?」(産経新聞)
被害拡大防止できずおわび=水俣慰霊式で謝罪−首相(時事通信)
67項目で規制改革=太陽光発電、医薬品ネット販売など−政府(時事通信)

犯罪被害者支援の施策「被害前から知っていた」1割未満(産経新聞)

 犯罪の被害者に対して警察が実施している「被害者給付制度」など14の支援策のほとんどについて、「被害に遭う前から知っていた」とする被害者・遺族が1割に満たないことが22日、警察庁の調査で分かった。支援策のうち、「支援内容に関する情報提供」、「捜査に関する情報提供」や、「給付金など公費による経済的負担の緩和」に関する情報−への需要が高い一方、支援施策を「教えてくれる人がいなかった」とする回答が相当数を占め、今後、周知方法を再検討する必要がありそうだ。

 調査は平成20年1月から21年12月の間、犯罪被害者給付金の裁定対象となった881人に調査票を配布。22年1月までに395人から回答を得た。

 どのような支援策が必要だったか尋ねたところ、「情報提供(被害者が受けられる支援策に関する情報)」、「被害者連絡制度」、「犯罪被害者給付制度」の3施策でいずれも8割を超えた。

 また、それぞれの支援策について、被害に遭う前から知っていた人の割合を調べたところ、「犯罪被害者給付制度」は7.8%▽「被害者の手引き(冊子)」の存在は5.3%▽「警察職員のカウンセリング」は3%−など。これ以外のほとんどの支援策では「調査で尋ねられるまで知らなかった」とした人が、4割を超えていた。

 警察は、犯罪被害者に対して、事件発生後、被害者の状況を見ながら、適当な時期に知らせているとしている。しかし、調査結果からは必要な情報が、それを必要としている被害者・遺族に伝わっていない実態が浮かび上がる。

 警察庁では、「被害者やご遺族が犯罪被害に遭った直後の頭が真っ白なときに情報提供しても頭にいれてもらえない」(幹部)として、今後は情報提供の時期や内容について、きめ細かく検討するとしている。

【関連記事】
21年度の犯罪被害者給付 申請被害者数が過去最多589人 
時効撤廃が参院可決 月内にも成立、来月施行へ
「被害者への目配りが十分ではなかった」…13人目の死者 消えない痛み
病院で性犯罪の被害相談も 警察庁の被害者支援推進計画まとまる
トホホ…触った女性は警察官 痴漢の現行犯で会社員逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

下請代金減額は違法、日産子会社に公取委勧告(読売新聞)
タクシーに無賃乗車、さらに売上金盗む 男子高校生ら3人逮捕(産経新聞)
首相現地入り、方針決定後に=普天間移設先で官房長官(時事通信)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
生理の仕組みを解説する「しきゅうちゃん」がネットで話題に

胎児治療薬に保険適用=肺の成熟を促進−「画期的」専門家ら評価(時事通信)

 厚生労働省は15日までに、胎児の肺の成長を促す薬の有効性を認め、保険適用とした。胎児治療薬の保険適用はまれ。専門家らは「胎児が治療対象として認められたことを意味し、画期的」と評価している。
 この薬は副腎皮質ホルモン剤「リンデロン注」(一般名ベタメタゾンリン酸エステルナトリウム)で、内科領域を中心に1960年代から幅広く使われている。早産が予想される場合、母体への投与を通じて胎児の肺の成熟を促し、新生児の呼吸困難を予防する効能が昨年11月、厚労省の承認を受け追加された。 

会長選、次回にも直接選挙に―日医・原中会長(医療介護CBニュース)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
足利事件の菅家さん、10年ぶり選挙権回復(読売新聞)
<小池正勝参院議員>離党へ 候補選考に不満(毎日新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)

日本本土初空襲 忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

 ◇68年経て18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋、神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。

【関連ニュース】
遺骨:DNA鑑定で元日本兵の身元確認 大阪出身・井上さん−−ニューギニア
探検録:土崎空襲・爆撃目標の日石秋田製油所(その1) /秋田
城北大空襲:4・13小さな追悼会 「根津山」の南池袋公園で /東京
川村吾蔵記念館:佐久市出身の彫刻家顕彰、五稜郭公園に完成 /長野
戦没者追悼式:柳井で戦没者しのび /山口

鳩山首相「最大の敗者」 核安保サミットで米紙(産経新聞)
<深大寺そば>無断でJASマーク 製粉会社など書類送検(毎日新聞)
<山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
<超小型衛星>11年8月打ち上げ 星の位置など観測(毎日新聞)
<訃報>神原武雄さん97歳=元江商社長

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
2ショットチャット
探偵
クレジットカード現金化 比較
自己破産
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM